読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

肝臓から分泌される解毒酵素の効率的な製造をサポートしている物質

体脂肪量(somatic fat volume)に変動が見られず、体重だけが食事や排尿などによって一時的に増減する時は、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少すると体脂肪率が高まることがわかっています。 栄養バランスの取れた食生活やスポーツは当然ですが、体の健康やビューティーを目的とし、食事以外に色々な種類のサプリメントを採用する事がまったくおかしくなくなったようです。 高齢の方や慢性的な病を患っている人などは、極めて肺炎に罹患しやすく治るのが遅い特徴があるため、予防の徹底や早め早めの治療が重要なのです。 骨折してかなり出血してしまった時に、急に血圧が降下して眩冒や冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識消失発作などのいろんな脳貧血の症状が引き起こされることがよくあります。 胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、4日前後服薬すれば、普通、8割~9割の患者さんの自覚症状は良くなりますが、かといって食道の粘膜のダメージや炎症が完治したとは断言できないので注意が必要です。 めまいが確認できず、不愉快な耳鳴りと難聴の2つの症状をいつまでも繰り返すケースの事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere's Disease)」と診断するケースもあるそうです。 汗疱というのは主に手のひらや足の裏、指の間などにブツブツの水疱が出る症状で、普通は汗疹(あせも)と言われ、足裏にできると水虫と間違われることもあります。 体重過多に陥っている肥満というのは当たり前のことながら食事内容や運動不足が誘因ですが、量は変わらない食事であれ、短時間で食べ終わる「早食い」を続けていれば脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招く可能性があります。 ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許切れの後に発売されるもので、新薬とまったく同一の成分で金銭的な自己負担の小さい(クスリの価格の廉価な)後発医薬品のことを指します。 収縮期血圧が140を超える高血圧が長い間続くと、全身の血管に強いダメージがかかった結果、体中至る所のあちこちの血管に障害がもたらされて、合併症になる公算が高まります。 悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、本来、人をがんから保護する作用を持つ物質を生成するための金型のような遺伝子の異常で起こってしまうと言われています。 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常によって引き起こされる発疹で、皮脂の分泌異常の主因としてはアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが考えられているのです。 植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るイソチオシアネート類のスルフォラファンという有機硫黄化合物について、肝臓から分泌される解毒酵素の効率的な製造をサポートしているという因果関係が明らかになりました。 肝臓を健康に維持し続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する力が低くならないようにすること、要するに肝臓のアンチエイジング対策を実践することが効果的だと言われています。 3つのアミノ酸からできているグルタチオンには、細胞の機能を下げたり突然変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を体の内側で解毒し、肝臓の役割をより強める力が判明しています。

栄養バランスのいい食生活や体を動かすことは当然のこと

栄養バランスのいい食生活や体を動かすことは当然のことですが、心身の健康や美容を目的とし、補助として色々な成分のサプリメントを摂る事が一般的なものになっているそうです。 耳の内部構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に大別されますが、中耳の部分に様々なバイ菌やウィルスなどが付着して炎症が発症したり、液体が溜まる病気を中耳炎と言います。 陰金田虫(インキンタムシ)は比較的若い男の人多く、大抵の場合は股間の辺りにのみ広がり、激しく体を動かしたり、風呂に入った後など身体が熱くなると激しいかゆみがあります。 胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、1週間も処方薬を飲めば、原則、8割~9割の人の自覚症状は去りますが、食道の粘膜の炎症そのものが完全に治癒したとは言い切れないので気を付けましょう。 鍼灸用のハリを体に刺してもらう、というフィジカルな複数の刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスと呼ばれるいわば電気信号の化学伝達を発起させるという見方が浸透しています。 普段からゴロンと横向きになってテレビを眺めていたり、片方の頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴等をいつも履くというようなことは身体の均衡が悪くなる大きな原因になります。 お酒に含まれるアルコールやお薬、科学的に合成された食品の添加物等を特殊な酵素で分解し、無毒化する作用のことを解毒と呼び、肝臓が果たしている主要な務めの一つと言えるでしょう。 ヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間にある緩衝材的な働きをしている椎間板という名称のやわらかい円形の組織がはみ出てしまった症例のことを指します。 スギ花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜間しっかり眠れない場合、それが災いして慢性の睡眠不足に陥り、翌朝起きてからの業務内容にダメージを与えるかもしれないのです。 折り目正しい生活の維持、暴飲暴食を控えること、楽しい運動やスポーツなど、古臭いとも言える体への取り組みが老化防止にも関係しているのです。 PC使用時の青っぽい光を抑える専用眼鏡が大変人気を博しているのは、疲れ目の改善に多くの人々が興味を抱いているからでしょう。 UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があるので大気中のオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地表に届いたUV-B波は肌の表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を損壊させたりして、皮膚に良くない影響を与えることになります。 ハーバード・メディカルスクールHMS)の研究結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日2杯以上はカフェインの取り除かれたコーヒーを飲めば、驚くことに直腸がんの発症率を半分以上は減少させることができたとのことだ。 くしゃみ、鼻水、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の諸症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛ぶ量に比例するように深刻になってしまう特徴があるのです。 呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今日までの研究の成果によって、ワクチンの予防接種効果を望めるのは、ワクチン接種日の約2週後から約150日間程だろうと言われています。

スギ花粉症などの症状 そのせいで睡眠不足

スギ花粉症などの症状(鼻水、酷い鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜よく眠れないと、そのせいで睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからの業務に思わしくないダメージを及ぼすかもしれません。 痩せたいために1日の総カロリーを抑制する、1人前を食べない、というような暮らしが結果として栄養をも不足させ、慢性的な冷え性をもたらすことは、しょっちゅう問題視されていることなのです。 食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つに分けられるのです。 毎日の規則正しい日常生活の継続、腹八分目の実践、続けられる運動や体操等、古臭いとも言える自分の体への思いがお肌のアンチエイジングにも役立つのです。 大体は水虫=足、中でも足指の間に発症する病気だという認識が広まっていますが、白癬菌にかかるのは決して足だけではないので、体中どこにでもうつってしまう危険性があるので気を付けましょう。 耳鳴りは分類することができて、当事者にしか聞こえないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように他の人にも性能の良いマイクロホンを使用すると響いてくるという部類の「他覚的耳鳴り」があります。 日本における結核への対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に準じて推進されてきましたが、56年後の2007年からはこれ以外の感染症と同様に「感染症予防法」という名前の法律に基づいて実行されることに決定しました。 お年を召した方や慢性的な疾患を患っている方は、目立って肺炎を発症しやすくて治るのが遅いという傾向が見られるので、常日頃の予防やスピーディな治療が肝要です。 加齢に伴う耳の聞こえ辛さにおいては段階を経て聴力が低くなりますが、多くの人は還暦を過ぎないと聴力の悪さをはっきりと自覚できないのです。 毎日のように肘をついた横向きの状態のままでTV画面を見ていたり、長い時間頬杖をついたり、ハイヒール等を毎日のように履いたりといった習慣的なことは身体の上下左右の均衡を崩してしまう素因になります。 自分で外から観察しただけでは折れているのかどうか不明な場合は、疑わしい部分の骨を少しだけ触れてみて、もしそのポイントに強烈な痛みを感じたら骨折の疑いがあります。 ロックミュージシャンのコンサートの開催される会場やディスコなどに備えられた大きなスピーカーの隣で大音量を聞いて難聴になる症状を「急性音響性聴器障害」と言うことをご存知でしょうか? 暴飲暴食、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、心身のストレス、老化といった様々な素因によって、インスリン分泌が減ったり、働きが衰えたりして2型糖尿病ICD-10:E11)を発病するのです。 生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に内在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で壊れてしまい、結果的に膵臓から大半のインスリンが分泌されなくなることによって発症してしまうという糖尿病なのです。 抗酸菌のひとつである結核菌は、菌に感染した人がゴホゴホと咳き込むことで内気の中に放出され、空気中でふわふわと浮かんでいるのを今度は他の人が空気と一緒に吸い込むことにより次々に感染していくのです。

肥満、脂質過多、高血圧、高血糖のうち2つ以上に該当する状態をメタボリックシンドローム、または死の四重奏とよんでいます。

急性中耳炎は、一番よくある中耳炎で比較的小さな子供に多くみられる病気です。激しい耳痛や熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、膿が流れる耳漏などが出るのです。 内臓が脂肪過多になっている肥満と診断され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2つ以上に該当する状態を、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と称しています。 常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒素が強烈な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒力があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類に分けることができるのです。 鍼灸用のハリを気になる所に刺す、という直接的な程よい何か所もの刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスと呼ばれている要は電気信号の化学伝達を誘引するという考え方が浸透しています。 ともすると「ストレス」というのは、勃起力アップ 方法 「無くすもの」「除外しなければいけない」ものと思いがちですが、其の実、人は様々な種類のストレスを受けているからこそ、活動することができます。 植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の物質について、肝臓の持っている解毒酵素の自然な創造を促しているのではないかという事がわかってきたのです。 H17年2月から新たに特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の日本語の記述が義務付けられた。 緊張型頭痛とはPC使用などによる肩こり、首のこりから生じる最も一般的な頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強い頭痛」「頭が重苦しいような酷い痛さ」と言い表されています。 生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓にあるインスリンを分泌しているβ細胞が壊されてしまうことにより、残念なことに膵臓からインスリンがほとんど出なくなることで発病する自己免疫性の糖尿病なのです。 寝姿を見ることなどで、高齢者が猫をとても愛おしいと思うことによってホルモンのオキトキシンが分泌されて、ストレスを和らげたり癒しに結びつきます。 いんきんたむしという病気は比較的若い男の人多く見られる傾向があって、原則として股間部にのみ拡大し、走ったり、お風呂に入った後など全身が温まると強烈なかゆみに襲われます。 胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食生活が欧米化したことや煙草を飲む事・アルコールの習慣・脂肪過多等の生活習慣が悪化したこと、ストレスなどによって、殊に日本人に患者が多い疾患だということができます。 ダイエットしたいがために1日の総カロリーを控える、食べる量が少ない、そんなライフスタイルを続けるとひいては栄養をも不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘発していることは、色んなところで問題視されています。 もしも検査でやはり卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が足りずPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、少ない女性ホルモンを足してあげる手当などで改善が望めます。 毎日の規則正しい日常生活、腹八分目を志すこと、持続可能なスポーツや体操など、古典的とも思える体に対する配慮が肌の老化防止にも関係しているのです。"

塩分と脂肪分の摂り過ぎはやめて手ごろな運動に尽力

AEDとは医療資格を有していない普通の人にも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスの手順通りに動くことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する応急処置の効果を患者に与えます。 アルコールを無毒化する特徴があるナイアシンは、辛い宿酔によく効きます。不快な二日酔いの原因とされている酢酸アルデヒドアセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングにも力を発揮しているのです。 塩分と脂肪分の摂り過ぎはやめて手ごろな運動に尽力するだけでなく、ストレスを感じすぎないような毎日を続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め防止する知恵です。 いんきんたむしとは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と称し、かびの仲間である白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの場所に何らかの理由で感染、定着した病気で即ち水虫のことなのです。 チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータによると、成人に比べると若い子どものほうが飛んできた放射能の害を一段と受けやすいことが読み取れます。 痩せたいがためにカロリーを抑える、ほとんど食べない、こんな食生活を続けると必要な栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を誘発していることは、多くの医療関係者が言われているのです。 下腹の疼痛がみられる主な疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性特有の病気等が挙がるようです。 紫外線を浴びると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収されるのをサポートする性質で知られていて、血液の中のカルシウム濃度を調整して、筋肉の動き方を操作したり、骨を生成します。 クモ膜下出血とは9割近くが脳動脈りゅうという血管が変形してできた瘤(こぶ)が裂ける事によって起こる命にかかわる病気だと認識されています。 グラスファイバー製のギプスは、大変強くて軽量でとても持ちが良く、雨などで濡れても壊れずに使用できるというメリットがあり、現在用いられているギプスの定番製品です。 生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったため、結果として膵臓からほぼインスリンが分泌されなくなってしまって発病するという糖尿病なのです。 「肝機能の衰退」は、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3種類の値でモニターできますが、ここ最近では肝臓の機能が低下している方々が明らかに増加しているそうです。 内臓脂肪過多による肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、高血圧(こうけつあつ)、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上に当てはまるような様子を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼んでいます。 一見すると「ストレス」は、「消すべき」「取り去らなければいけない」と思われがちですが、実のところ、私たちヒトはこうしたストレスを感知するからこそ、生き延びていくことが可能になるのです。 筋緊張性頭痛というのはPC使用などによる肩こり、首こり、張りが誘因の最も一般的な頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛み」「ドーンと重苦しいような酷い痛み」と言い表される症状が特徴です。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎

ストレスが蓄積してしまう構造や、簡単なストレスケア方法など、ストレスというものの全体的な知識を勉強しようとする人は、現時点ではまだ少ないようです。 好気性桿菌のひとつである結核菌は、患者が咳き込むことによって外気や内気に放たれ、空中でフワフワ浮遊しているのを今度は違う人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん感染します。 日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、1週間くらい処方薬を飲めば、一般的に9割近くの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、かといって食道粘膜の傷みや炎症が完全に引いたとは断言できないので注意が必要です。 下腹の疼痛を主訴とした主な病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性特有の病気などがまず挙がるようです。 いんきんたむし(陰金田虫)は20~30代の男性多く、基本的には股間の周辺だけに広がり、走ったり、風呂に入った後など身体が温まると強いかゆみに苦しみます。 腰などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間に存在するクッションと同様の役目を担っている椎間板(ツイカンバン)という名前の円形の線維軟骨がはみ出た状態の事を称しています。 胸痛を主訴とする狭心症の外科処置としては大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法」に加えて「大動脈冠動脈バイパス手術(CABG)」の2つの手術が標準的に利用されています。 子どもの耳管の特性は、大人のそれと比較すると太くて短めで、かつ水平に近いため、バイ菌が侵入しやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎を起こすのは、この作りが関係しています。 500以上もの働きを持つ肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変を筆頭に多様な健康障害の合併症の原因となる可能性があるのです。 毎日のように横向きのままでTV画面を見ていたり、長い時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴をいつも履くという習慣は身体のバランスを悪くしてしまう大きな原因になります。 昨今、若い世代で結核菌に対抗するだけの免疫力、すなわち抵抗力の無い人たちの割合が高くなったことや、診断が遅れることが誘因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増加しているようです。 クシャミや鼻水、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロする感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因である花粉の放出された量に追従するかのように酷くなる特性があるのです。 現在の病院の手術室には、お手洗いや器械室、手術準備室(operating preparation room)を備え、オペ中に撮影できるX線装置を設置しておくか、近辺にレントゲン撮影の専門室を設置しておくのが常識となっている。 不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康でも出ることがあるため急を要する心臓の障害でないとはいえ、発作が幾度も続いて起きるケースは楽観視できないといえます。 アルコールを無毒化するという働きがあるナイアシンは、辛い二日酔いに効果的です。辛い二日酔いの誘因物質とされている酢酸アルデヒドという化学物質の無毒化に作用します。

「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシン

アイコンタクトで、被介護者が猫を愛おしいと感じる時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレスを減らしたりヒーリングに結びつくのです。 手ごわいインフルエンザの予防術や病院での治療等、このような原則施される対処策というものは、それが季節性インフルエンザでも新型インフルエンザでもほぼ変わらないのです。 肝臓をいつまでも健康に保持し続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する力が低下しないようにする、言い換えると、肝臓を老けさせない対処法を実行することが有効です。 骨折したことによりかなり出血してしまった際、急に血圧が降下して目眩やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、失神などの色々な脳貧血症状が起こる時もあります。 悪性腫瘍である卵巣がんは、普通なら人の身体を癌にさせない働きをする物質を製造するための金型である遺伝子の異常が原因で罹患してしまうとのことです 男性の生殖器である前立腺はその成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が密に関わっており、前立腺に出現してしまった癌も同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの力で肥大化してしまいます。 子どもの耳管の仕組みは、大人と比較して幅広で短めの形状で、又ほぼ水平になっているため、様々なばい菌が進入しやすくなっています。大人よりも子どもの方が急性中耳炎になりやすいのは、この事が関わっています。 通常の場合骨折しない位の弱い力でも、骨の同じ個所に幾度も繰り返し続けてかかることによって、骨折が生じてしまうことがあるので油断できません。 体脂肪の量は変動が無いのに、体重だけが飲食や排尿等により一時的に増減するような時には、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が上昇することがわかっています。 季節病ともいわれる花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどの辛くて不快なアレルギー症状を呈する病気だと広く知られています。 基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは就寝中ではない覚醒状態で生命活動を維持していく(鼓動、口からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張の維持等)のに外せないミニマムなエネルギー消費量のことを指しています。 世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の極度の浴び過ぎが皮膚疾患をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の人が肌を黒くする日サロを利用する活動の禁止を広く世界中に喚起しています。 演奏会やライブなどの施設やディスコなどに設置された巨大なスピーカーのすぐ側で大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼ぶのです。 人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖質、細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、厳しいダイエットではこういった活動を確保するために絶対に要る成分までもを減少させてしまっている。 もう既に歯の表面のエナメル質を減らすまでに拡がってしまった歯周病は、あわよくば病状そのものが和らいだとしても、無くなった骨が元通りに再建されるようなことはないのです。