読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

汗疱状湿疹とは

汗疱状湿疹とは主に手のひらや足裏、または指と指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が現れる症状で、一般には汗疹(あせも)と呼ばれており、足裏に出ると足水虫と間違うことが多くあります。 基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではなく覚醒状態で生命を保つ(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の維持等)のに要る理論上のミニマムなエネルギー消費量の事を指しているのです。 お酒に含まれるアルコールを分解する特徴があるナイアシンは、苦しい宿酔に効果的です。辛い宿酔の誘引物質とみられている酢酸アルデヒドアセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の無毒化に関係しているのです。 心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まって、血流が停止し、酸素や色々な栄養を心筋に送ることができず、筋繊維自体が壊滅状態になる大変怖い病気です。 「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、全身の脂肪の付いている重さで、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、kg )×100」という数式で把握できます。 環状紅斑とは環状、つまりは輪っかのようなまるい形をした紅い色の発疹や鱗屑など、皮ふ病の総合的な名前であり、その病因は正に様々だといえます。 上が140以上、下が90以上の高血圧が継続すると、体中の血管に重いダメージが与えられ、身体中の様々な血管にトラブルが起こって、合併症を発症してしまう確率が大きくなります。 折り目正しい穏やかな生活の継続、腹八分目を心がけること、適度な軽い運動や体操など、アナログともいえる体への配慮が肌の老化防止にも活用されるのです。 スギ花粉症などの症状(鼻水、鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜間しっかり睡眠を取れないと、それが元凶で睡眠不足の状態に陥り、次の日起きてからの行動に芳しくないダメージを及ぼすことも考えられます。 消化器科で診てもらう急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状が出る位で済みますが、細菌感染から来ている場合は強烈な腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに高い発熱が相違点です。 脂溶性であるV.D.は、Caが体に吸収されるのを助けるという特質が知られていて、血中のカルシウム濃度を調節し、筋肉の動作を操作したり、骨を作り出します。 春に患者が増える花粉症とは、森林の杉やヒノキ、マツなどの大量の花粉に誘発され、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの辛いアレルギー症状を示す病気として日本人に定着しています。 最大の臓器である肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や肝硬変を始めとするいろいろな病気を誘発する可能性があるといわれています。 ストレスがかかり、溜まっていく原理や、手軽で効果的なストレスケア方法など、ストレスに関しての詳しい知識を勉強している人は、現時点ではまだ多くないようです。 演奏会やライブなどの開催されるホールやダンスを踊るためのフロアなどに備えられている大きなスピーカーの正面で大音量を聞いて耳が遠くなる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言うのです。