読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

コーヒーを飲用することで、直腸ガン発症する確率を0.52減少

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒素の極めて強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒素の強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類が挙げられます。 季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、数多くの研究の結果、予防の効能が期待されるのは、接種の2週間後から約150日位だろうと考えられているのです。 むねやけが主訴の逆流性食道炎は、約1週間薬を飲めば、普通、8割~9割の人の自覚症状は去りますが、イコール食道粘膜の炎症反応自体が快癒したとは断言できないので注意が必要です。 不整脈期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも症状が出ることがあるため深刻なトラブルでないとはいえ、発作が幾度も立て続けに発生するケースは楽観視できないといえます。 赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに変わり、原則無料で接種できる定期接種集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で注射する個別接種という形に変更されています。 ストレスがかかり、蓄積していくプロセスや、有用な抗ストレス方法など、ストレスに関わる全体的な知識を学ぼうとする人は、現時点ではさほど多くはありません。 AED(Automated External Defibrillator)は医療資格のない一般の人でも利用できる医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスに従って処置することで、心室細動に対する応急処置の効果をもたらします。 生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓にあるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で壊されてしまい、結果的に膵臓からはインスリンがほぼ分泌されなくなることによって発病に至る自己免疫性のタイプの糖尿病です。 下腹部の疝痛が主訴となる代表的な疾患には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、卵管の疾患などがよくみられるようです。 アミノ酸であるグルタチオンには、細胞の機能を悪くしたり変異をもたらすような悪影響を及ぼす物質を体内で無毒化し、肝臓のパワーをより良くする性質が分かっています。 ハーバード・メディカルスクールHMS)の調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日2杯よりも多くノンカフェインのコーヒーを飲用することで、直腸ガン発症する確率を0.52減少させることができたのだ。 加齢に伴う耳の聞こえ辛さは毎日少しずつ聴力が落ちますが、大体は還暦を超えないと聴力の悪さをしっかりとは自認できません。 学校や幼稚園等の大勢での団体生活で、花粉症のせいでクラスの皆と等しく思う存分動けないのは、患者さんにとっても辛い事でしょう。 くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーの誘因である花粉の放出された量に追従して悪化の一途を辿るという特徴があるようです。 ピリドキシン(ビタミンB6)は、様々なアミノ酸をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーを活用するために必要な回路へ取り込ませるために更に細分化するのをサポートする機能もあると言われています。