読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

疲れ目の手当にたくさんの人々が苦労しているから

ビタミン欠乏症である脚気の症状は、主に手足がジンジンと痺れたり脚の著しい浮腫などが中心で、症状が進行すると、悲しいかな、呼吸困難に陥る心不全も招く可能性があるとのことです。 開放骨折によりたくさん出血した際、急激に血圧が降下して、目眩や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、意識喪失などの色々な脳貧血症状が出てくるケースがあります。 基礎代謝量は就寝中ではない状態で命を保つ(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張の維持等)ために要る最も低いエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。 不整脈期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても出現することがあるためさほど難しい心臓疾患ではないにせよ、発作が数回に渡って続けて起こる時は危ないのですぐ病院へ行きましょう。 30才から39才までの間に更年期が来たとすれば、医学的な用語ではPOFという疾患に当てはまります(日本では40歳未満の女の人が閉経してしまう状態を「早期閉経(premature menopause)」と呼んでいるのです)。 「肝臓の機能の低下」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3種類の値で分かりますが、ここ数年間で肝機能が衰えている人が明らかに増加していると言われています。 過飲過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、心身両面のストレス、老化というような様々な素因が組み合わさると、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが悪くなったりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患するのです。 昨今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に対抗するだけの免疫、すなわち抵抗力の弱い人々の割合が高くなっていることや、早合点のせいで診断が遅れることに縁るアウトブレイクや院内感染が増えています。 何か物を食べる時は、食べたい物を気軽に口へ入れて約20回噛んで嚥下して終わりだが、それから人体は実に健気に動き続けて食物を身体に取り入れるように励んでいるのだ。 子どもの耳管の構造は、大人に比べると幅が広く短くなっており、かつ水平に近いため、菌が侵入しやすくなっているのです。大人よりも子どもの方が急性中耳炎に罹患しやすいのは、これが関係しています。 スマホ使用時の青い光を低減するレンズの付いた専用メガネが最も人気を集めている理由は、疲れ目の手当にたくさんの人々が苦労しているからだと考えられます。 体脂肪の量は変動が無いのに、体重だけが食事や排尿等により短時間で増減する場合は、体重が増えれば体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減ったら体脂肪率が上がるのです。 内臓が脂肪過多になっている肥満があった上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2個か3個すべてに該当する事例のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と呼んでいるのです。 トコトリエノールの働きは酸化を防ぐ効果が一際有名ではありますが、他に肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりするというようなことが確認されています。 ダイエットを成功させたいばかりにカロリーを抑える、食事を抜く、等の暮らし方が結果として栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘引していることは、しょっちゅう言われているのです。