読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

基礎代謝というものは人間が何もせずに動かなくても燃えてしまう熱量のこと

"人間の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に区別されますが、中耳付近にばい菌やウィルスが付着して炎症がみられたり、液体が溜まる病を中耳炎と呼んでいます。 もう永久歯の周りを覆っている骨を浸食するほど拡がってしまった歯周病は、おそらく病状自体が安定することはあっても、エナメル質が元の量に復活することはないに等しいと言われています。 基礎代謝というものは人間が何もせずに動かなくても燃えてしまう熱量のことですが、半分以上を全身の骨格筋・最大の内臓である肝臓・頭部の脳が使っているということはあまり知られていません。 トコトリエノールの作用は酸化を遅らせる働きが一段と有名だと思いますが、更に肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生成を抑えるということが認められています。 耳鳴りは2種類に大別され、本人しか聞こえないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように本人と他の人にも高品質なマイクロホンなどを使用してみると聞くことができるという「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。 食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、毒が非常に強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と毒の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類が挙げられます。 鍼灸用のはりを刺してもらう、という直接的な程よい無数の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスという名前の電気信号の化学伝達を誘発すると考えられているようです。 乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日以降はとなることによって、個々に接種してもらう個別接種という形に変わります。 パソコンモニターの光のちらつきを軽減させる専用眼鏡がことさら人気を集めている訳は、疲れ目の低減に多くの人が努めているからだと推測されます。 痩せたいあまりに1日の総カロリーを抑制する、食事をわざと残す、そうした食生活が必要な栄養までもを不足させ、酷い冷え性を誘引していることは、多くの先生方が問題視されていることなのです。 車の事故や山での滑落など、著しく大きな圧力が体にかかった場合は、複数の箇所に骨折が生じたり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、他の臓器が破裂することもよくあります。 むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことやタバコを飲む事・アルコール類・肥満といった生活習慣の質が低下したこと、ストレスによって、近年日本人に増加しつつある疾患の一種です。 紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caが吸収されるのを支える作用が特に認知されており、血中のカルシウム濃度をコントロールし、筋繊維の動きを適切に調整したり、骨を生成します。 細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最もよくある中耳炎で比較的子どもによく発症します。強い耳の痛みや熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏などの耳の症状が現れるのです。 過食、太り過ぎ、消費カロリーの低下、不規則な生活、日々のストレス、老化などの様々な原因が合わさると、インスリン分泌が衰えたり、働きが悪くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病ICD-10:E11)に罹患します。 "