読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチン

"加齢が原因の難聴では少しずつ聴力が落ちていきますが、一般的に60歳過ぎまでは聴力の老化をきちんと自覚できないのです。 ロックのライブのおこなわれる会場やディスコなどに据えられている巨大なスピーカーの真正面で大きな音を浴びて耳が聞こえにくくなることを「急性音響外傷」と言っています。 内臓に脂肪が多い肥満と診断され、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖の中で2個以上に一致する状態を、メタボリックシンドローム、略してメタボと称しているのです。 下腹の疝痛の元凶となる疾患には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気など、様々な病名が挙げられます。 なんとなく「ストレス」というのは、「溜めてはいけない」「除去すべきもの」と思われがちですが、本当は、我々は色々なストレスを感じているからこそ、活動することが可能になっています。 30才から39才までの間に更年期になるとしたら、勃起力アップ 方法 医学的な言葉で表すと「早発閉経(early menopause)」という病気にあてはまります(我が国の場合は40歳未満の女の人が閉経してしまう状態をPOFと称します)。 基礎代謝量(kcal)とは目覚めている覚醒状態で命を維持していく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張の維持等)ために必要となる最も小さいエネルギー消費量のことを指します。 乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわって、2012年9月1日以降は予防接種法で接種が推奨されている定期接種となることによって、集団接種ではなく医療機関で接種してもらう個別接種の扱いになっています。 欧米諸国では、新しい薬の特許が切れた4週間後、製薬市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん)に替わるという薬もある位、ジェネリックは地球上に親しまれています。 うす暗い場所では光不足によって見えづらくなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、目のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーがかかってしまい、結果的に光の入る場所で物を見るよりも疲れやすいです。 基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が何もせずに横たわっていても使用してしまう熱量のことであり、半分以上を全身の筋肉・最大の臓器である肝臓・脳の3種類が使っているということをご存知ですか? 500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、脳梗塞などの多種多様な合併症をもたらす可能性が高いと考えられています。 細菌やウィルスなど病気を誘引する微生物(病原体)が口から肺の中へ潜り込んで罹患してしまい、肺の内側が炎症を起こしたことを「肺炎」と総称しています。 日本における結核への対策は、長年、昭和26年にできた「結核予防法」に準ずる形で促進されてきましたが、56年後の平成19年からは他の数ある感染症と同じように「感染症法」という名の法律に準拠して行われることに決まりました。 世界保健機関(World Health Organization)は、人体に有害なUV-Aの異常な浴び過ぎが皮ふに健康障害を招くとして、19歳未満が日サロを利用することの禁止を強く喚起しています。 "