読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲低下、体重の減少、強い焦り

"日本における結核への対策は、1951年に施行された「結核予防法」にならって進行されてきましたが、平成19年からは他の数ある感染症と一括りにして「感染症予防法」という名前の法律に基づいて行われることに決定したのです。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気でなくても現れることがあるのでさほど逼迫した病気とは限りませんが、発作が何度も次々と起こるケースは危険だといえるでしょう。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日以降は任意接種ではなく定期接種になるため、集団接種ではなく小児科などで接種するという個別接種という形に変わります。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3種類の値で判断できますが、ここ数年の間に肝臓の機能が落ちている日本人が徐々に増えていると言われています。
ストレスがかかり、溜まっていく経過や有効なストレス対処法など、ストレスに関係している基本的な知識を学んでいる方は、今のところ少ないようです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無効になった後に販売され、新薬に等しい成分で経済的な負荷の小さな(金額の安価な)後発医薬品のことを意味します。
耳鳴りにも種類があり、当事者しか感じないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように他の人にも品質の高いマイクロホンをあてると響いているような「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩凝りや首の凝り、張りが素因の最も多いタイプの頭痛で、「ギューっと締め付けられるような痛さ」「頭が重たいような耐え難い痛みと言い表されることが多いようです。
子どもの耳管の特性は、大人のそれに比べると幅広で短めで、かつ水平に近いため、雑菌が侵入しやすくなっています。子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、この作りが関わっています。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常が主因で出る湿疹で、皮脂の分泌が乱れる主因として男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れやビタミンB群の不足等が考えられているのです。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする効果のあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に大変有効です。苦しい宿酔の根源物質とされるエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の無毒化に携わっているのです。
天然の化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓が分泌する解毒酵素の円滑な創造を促しているのではないかという新たな事実関係が判明しました。
明るくない所だと光量が不足するので見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに余計なエネルギーがかかってしまい、光の入る所で物を眺めるより疲れるのが早くなるといえます。
コンサートやライブなどの開催されるスペースや踊るためのフロアなどに設置されている非常に大きなスピーカーのすぐ側で大音量を聞いて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼んでいるのです。
肝臓を健やかに維持するためには、肝臓の有害物質を分解する作用が落ちないようにすること、要は、肝臓の老化対策を地道におこなうことが効果的だと思われます。
"