読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

大量の糖質を必要とする脳

"基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が何もせずにじっとしていても燃焼してしまう熱量のことであり、大部分を身体中の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳が消費しているということはまだ広くは知られていません。 吐血と喀血は両方とも血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺を通っている気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血する症状で、吐血というものは十二指腸より上部の消化管から血が出ることを指します。 常識的に水虫といえば足を思いつき、ことさら足指の間にできやすい皮膚病だと捉えられていますが、白癬菌が感染する場所は足だけではなく、体の様々な部位にうつるという危険性があります。 生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在しているインスリンを分泌しているβ細胞がダメージを受けてしまったことにより、あの膵臓から微々たる量のインスリンしか分泌されなくなってしまい発症してしまうタイプの糖尿病なのです。 常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒が極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒素が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類になります。 道路事故や山での滑落など、非常に大きな外力が体にかかった場合は、複数の部位に骨折がもたらされたり、開放骨折に至ったり、加えて臓器が破損することもよくあります。 複雑骨折したことによりかなり出血した状態だと、急激に血圧が降下して、めまいやふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、失神などの不快な脳貧血の症状があらわれる場合もあります。 今、比較的若い世代で感染症の一種である結核の抵抗力を保有していない人々が増えていることや、自己判断のせいで受診が遅れることが要因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増加しているようです。 体脂肪の量(somatic fat volume)は変動が見られないのに、体重だけが食事や排尿等によって一時的に増減する場合は、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少した方は体脂肪率が上がることがわかっています。 体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに働く糖、細胞の生まれ変わりに必要となるタンパク質など、無理な痩身ではこういった体をキープするために絶対欠かせない成分までも欠乏させている。 UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという性質があるためオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を傷つけたりして、肌にとって悪い影響を与えています。 好気性桿菌の結核菌は、患者さんが咳き込むことによって室内に投げ出され、空気中でふわふわと流されているのを他人が呼吸しながら吸い込むことによってどんどん感染します。 「常に時間に追われている」「わずらわしいいろんな人間関係が嫌で仕方がない」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスが溜まる原因はみんな異なります。 肝臓を健康な状態にキープするためには、肝臓の解毒する力が下がらないようにすること、つまり、肝臓のアンチエイジング対策を迅速に開始することが有効だと考えられます。 エイズとはHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって生じるウイルス感染症のことで、免疫不全を引き起こして些細な細菌などによる日和見感染や悪性新生物等を発病してしまう病状を総称しているのです。 "