読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎

ストレスが蓄積してしまう構造や、簡単なストレスケア方法など、ストレスというものの全体的な知識を勉強しようとする人は、現時点ではまだ少ないようです。 好気性桿菌のひとつである結核菌は、患者が咳き込むことによって外気や内気に放たれ、空中でフワフワ浮遊しているのを今度は違う人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん感染します。 日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、1週間くらい処方薬を飲めば、一般的に9割近くの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、かといって食道粘膜の傷みや炎症が完全に引いたとは断言できないので注意が必要です。 下腹の疼痛を主訴とした主な病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性特有の病気などがまず挙がるようです。 いんきんたむし(陰金田虫)は20~30代の男性多く、基本的には股間の周辺だけに広がり、走ったり、風呂に入った後など身体が温まると強いかゆみに苦しみます。 腰などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間に存在するクッションと同様の役目を担っている椎間板(ツイカンバン)という名前の円形の線維軟骨がはみ出た状態の事を称しています。 胸痛を主訴とする狭心症の外科処置としては大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法」に加えて「大動脈冠動脈バイパス手術(CABG)」の2つの手術が標準的に利用されています。 子どもの耳管の特性は、大人のそれと比較すると太くて短めで、かつ水平に近いため、バイ菌が侵入しやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎を起こすのは、この作りが関係しています。 500以上もの働きを持つ肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変を筆頭に多様な健康障害の合併症の原因となる可能性があるのです。 毎日のように横向きのままでTV画面を見ていたり、長い時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴をいつも履くという習慣は身体のバランスを悪くしてしまう大きな原因になります。 昨今、若い世代で結核菌に対抗するだけの免疫力、すなわち抵抗力の無い人たちの割合が高くなったことや、診断が遅れることが誘因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増加しているようです。 クシャミや鼻水、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロする感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因である花粉の放出された量に追従するかのように酷くなる特性があるのです。 現在の病院の手術室には、お手洗いや器械室、手術準備室(operating preparation room)を備え、オペ中に撮影できるX線装置を設置しておくか、近辺にレントゲン撮影の専門室を設置しておくのが常識となっている。 不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康でも出ることがあるため急を要する心臓の障害でないとはいえ、発作が幾度も続いて起きるケースは楽観視できないといえます。 アルコールを無毒化するという働きがあるナイアシンは、辛い二日酔いに効果的です。辛い二日酔いの誘因物質とされている酢酸アルデヒドという化学物質の無毒化に作用します。