読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

肥満、脂質過多、高血圧、高血糖のうち2つ以上に該当する状態をメタボリックシンドローム、または死の四重奏とよんでいます。

急性中耳炎は、一番よくある中耳炎で比較的小さな子供に多くみられる病気です。激しい耳痛や熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、膿が流れる耳漏などが出るのです。 内臓が脂肪過多になっている肥満と診断され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2つ以上に該当する状態を、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と称しています。 常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒素が強烈な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒力があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類に分けることができるのです。 鍼灸用のハリを気になる所に刺す、という直接的な程よい何か所もの刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスと呼ばれている要は電気信号の化学伝達を誘引するという考え方が浸透しています。 ともすると「ストレス」というのは、勃起力アップ 方法 「無くすもの」「除外しなければいけない」ものと思いがちですが、其の実、人は様々な種類のストレスを受けているからこそ、活動することができます。 植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の物質について、肝臓の持っている解毒酵素の自然な創造を促しているのではないかという事がわかってきたのです。 H17年2月から新たに特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の日本語の記述が義務付けられた。 緊張型頭痛とはPC使用などによる肩こり、首のこりから生じる最も一般的な頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強い頭痛」「頭が重苦しいような酷い痛さ」と言い表されています。 生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓にあるインスリンを分泌しているβ細胞が壊されてしまうことにより、残念なことに膵臓からインスリンがほとんど出なくなることで発病する自己免疫性の糖尿病なのです。 寝姿を見ることなどで、高齢者が猫をとても愛おしいと思うことによってホルモンのオキトキシンが分泌されて、ストレスを和らげたり癒しに結びつきます。 いんきんたむしという病気は比較的若い男の人多く見られる傾向があって、原則として股間部にのみ拡大し、走ったり、お風呂に入った後など全身が温まると強烈なかゆみに襲われます。 胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食生活が欧米化したことや煙草を飲む事・アルコールの習慣・脂肪過多等の生活習慣が悪化したこと、ストレスなどによって、殊に日本人に患者が多い疾患だということができます。 ダイエットしたいがために1日の総カロリーを控える、食べる量が少ない、そんなライフスタイルを続けるとひいては栄養をも不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘発していることは、色んなところで問題視されています。 もしも検査でやはり卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が足りずPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、少ない女性ホルモンを足してあげる手当などで改善が望めます。 毎日の規則正しい日常生活、腹八分目を志すこと、持続可能なスポーツや体操など、古典的とも思える体に対する配慮が肌の老化防止にも関係しているのです。"