読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

スギ花粉症などの症状 そのせいで睡眠不足

スギ花粉症などの症状(鼻水、酷い鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜よく眠れないと、そのせいで睡眠不足に陥り、翌日目覚めてからの業務に思わしくないダメージを及ぼすかもしれません。 痩せたいために1日の総カロリーを抑制する、1人前を食べない、というような暮らしが結果として栄養をも不足させ、慢性的な冷え性をもたらすことは、しょっちゅう問題視されていることなのです。 食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つに分けられるのです。 毎日の規則正しい日常生活の継続、腹八分目の実践、続けられる運動や体操等、古臭いとも言える自分の体への思いがお肌のアンチエイジングにも役立つのです。 大体は水虫=足、中でも足指の間に発症する病気だという認識が広まっていますが、白癬菌にかかるのは決して足だけではないので、体中どこにでもうつってしまう危険性があるので気を付けましょう。 耳鳴りは分類することができて、当事者にしか聞こえないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように他の人にも性能の良いマイクロホンを使用すると響いてくるという部類の「他覚的耳鳴り」があります。 日本における結核への対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に準じて推進されてきましたが、56年後の2007年からはこれ以外の感染症と同様に「感染症予防法」という名前の法律に基づいて実行されることに決定しました。 お年を召した方や慢性的な疾患を患っている方は、目立って肺炎を発症しやすくて治るのが遅いという傾向が見られるので、常日頃の予防やスピーディな治療が肝要です。 加齢に伴う耳の聞こえ辛さにおいては段階を経て聴力が低くなりますが、多くの人は還暦を過ぎないと聴力の悪さをはっきりと自覚できないのです。 毎日のように肘をついた横向きの状態のままでTV画面を見ていたり、長い時間頬杖をついたり、ハイヒール等を毎日のように履いたりといった習慣的なことは身体の上下左右の均衡を崩してしまう素因になります。 自分で外から観察しただけでは折れているのかどうか不明な場合は、疑わしい部分の骨を少しだけ触れてみて、もしそのポイントに強烈な痛みを感じたら骨折の疑いがあります。 ロックミュージシャンのコンサートの開催される会場やディスコなどに備えられた大きなスピーカーの隣で大音量を聞いて難聴になる症状を「急性音響性聴器障害」と言うことをご存知でしょうか? 暴飲暴食、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、心身のストレス、老化といった様々な素因によって、インスリン分泌が減ったり、働きが衰えたりして2型糖尿病ICD-10:E11)を発病するのです。 生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に内在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で壊れてしまい、結果的に膵臓から大半のインスリンが分泌されなくなることによって発症してしまうという糖尿病なのです。 抗酸菌のひとつである結核菌は、菌に感染した人がゴホゴホと咳き込むことで内気の中に放出され、空気中でふわふわと浮かんでいるのを今度は他の人が空気と一緒に吸い込むことにより次々に感染していくのです。