読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

肝臓から分泌される解毒酵素の効率的な製造をサポートしている物質

体脂肪量(somatic fat volume)に変動が見られず、体重だけが食事や排尿などによって一時的に増減する時は、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少すると体脂肪率が高まることがわかっています。 栄養バランスの取れた食生活やスポーツは当然ですが、体の健康やビューティーを目的とし、食事以外に色々な種類のサプリメントを採用する事がまったくおかしくなくなったようです。 高齢の方や慢性的な病を患っている人などは、極めて肺炎に罹患しやすく治るのが遅い特徴があるため、予防の徹底や早め早めの治療が重要なのです。 骨折してかなり出血してしまった時に、急に血圧が降下して眩冒や冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識消失発作などのいろんな脳貧血の症状が引き起こされることがよくあります。 胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、4日前後服薬すれば、普通、8割~9割の患者さんの自覚症状は良くなりますが、かといって食道の粘膜のダメージや炎症が完治したとは断言できないので注意が必要です。 めまいが確認できず、不愉快な耳鳴りと難聴の2つの症状をいつまでも繰り返すケースの事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere's Disease)」と診断するケースもあるそうです。 汗疱というのは主に手のひらや足の裏、指の間などにブツブツの水疱が出る症状で、普通は汗疹(あせも)と言われ、足裏にできると水虫と間違われることもあります。 体重過多に陥っている肥満というのは当たり前のことながら食事内容や運動不足が誘因ですが、量は変わらない食事であれ、短時間で食べ終わる「早食い」を続けていれば脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招く可能性があります。 ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許切れの後に発売されるもので、新薬とまったく同一の成分で金銭的な自己負担の小さい(クスリの価格の廉価な)後発医薬品のことを指します。 収縮期血圧が140を超える高血圧が長い間続くと、全身の血管に強いダメージがかかった結果、体中至る所のあちこちの血管に障害がもたらされて、合併症になる公算が高まります。 悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、本来、人をがんから保護する作用を持つ物質を生成するための金型のような遺伝子の異常で起こってしまうと言われています。 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常によって引き起こされる発疹で、皮脂の分泌異常の主因としてはアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが考えられているのです。 植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るイソチオシアネート類のスルフォラファンという有機硫黄化合物について、肝臓から分泌される解毒酵素の効率的な製造をサポートしているという因果関係が明らかになりました。 肝臓を健康に維持し続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する力が低くならないようにすること、要するに肝臓のアンチエイジング対策を実践することが効果的だと言われています。 3つのアミノ酸からできているグルタチオンには、細胞の機能を下げたり突然変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を体の内側で解毒し、肝臓の役割をより強める力が判明しています。