読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

手ごわいインフルエンザの予防術

アイコンタクトで、被介護者が猫を愛おしいと感じる時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレスを減らしたりヒーリングに結びつくのです。 手ごわいインフルエンザの予防術や病院での治療等、このような原則施される対処策というものは、それが季節性インフルエンザでも新型インフルエンザでもほぼ変わらないのです。 肝臓をいつまでも健康に保持し続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する力が低下しないようにする、言い換えると、肝臓を老けさせない対処法を実行することが有効です。 骨折したことによりかなり出血してしまった際、急に血圧が降下して目眩やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、失神などの色々な脳貧血症状が起こる時もあります。 悪性腫瘍である卵巣がんは、普通なら人の身体を癌にさせない働きをする物質を製造するための金型である遺伝子の異常が原因で罹患してしまうとのことです 男性の生殖器である前立腺はその成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が密に関わっており、前立腺に出現してしまった癌も同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの力で肥大化してしまいます。 子どもの耳管の仕組みは、大人と比較して幅広で短めの形状で、又ほぼ水平になっているため、様々なばい菌が進入しやすくなっています。大人よりも子どもの方が急性中耳炎になりやすいのは、この事が関わっています。 通常の場合骨折しない位の弱い力でも、骨の同じ個所に幾度も繰り返し続けてかかることによって、骨折が生じてしまうことがあるので油断できません。 体脂肪の量は変動が無いのに、体重だけが飲食や排尿等により一時的に増減するような時には、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が上昇することがわかっています。 季節病ともいわれる花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどの辛くて不快なアレルギー症状を呈する病気だと広く知られています。 基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは就寝中ではない覚醒状態で生命活動を維持していく(鼓動、口からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張の維持等)のに外せないミニマムなエネルギー消費量のことを指しています。 世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の極度の浴び過ぎが皮膚疾患をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の人が肌を黒くする日サロを利用する活動の禁止を広く世界中に喚起しています。 演奏会やライブなどの施設やディスコなどに設置された巨大なスピーカーのすぐ側で大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼ぶのです。 人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖質、細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、厳しいダイエットではこういった活動を確保するために絶対に要る成分までもを減少させてしまっている。 もう既に歯の表面のエナメル質を減らすまでに拡がってしまった歯周病は、あわよくば病状そのものが和らいだとしても、無くなった骨が元通りに再建されるようなことはないのです。 "