読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

AEDとは医療資格を有していない普通の人にも取り扱うことのできる医療機器

AEDとは医療資格を有していない普通の人にも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスの手順通りに動くことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する応急処置の効果を患者に与えます。 アルコールを無毒化する特徴があるナイアシンは、辛い宿酔によく効きます。不快な二日酔いの原因とされている酢酸アルデヒドアセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングにも力を発揮しているのです。 塩分と脂肪分の摂り過ぎはやめて手ごろな運動に尽力するだけでなく、ストレスを感じすぎないような毎日を続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め防止する知恵です。 いんきんたむしとは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と称し、かびの仲間である白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの場所に何らかの理由で感染、定着した病気で即ち水虫のことなのです。 チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータによると、成人に比べると若い子どものほうが飛んできた放射能の害を一段と受けやすいことが読み取れます。 痩せたいがためにカロリーを抑える、ほとんど食べない、こんな食生活を続けると必要な栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を誘発していることは、多くの医療関係者が言われているのです。 下腹の疼痛がみられる主な疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性特有の病気等が挙がるようです。 紫外線を浴びると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収されるのをサポートする性質で知られていて、血液の中のカルシウム濃度を調整して、筋肉の動き方を操作したり、骨を生成します。 クモ膜下出血とは9割近くが脳動脈りゅうという血管が変形してできた瘤(こぶ)が裂ける事によって起こる命にかかわる病気だと認識されています。 グラスファイバー製のギプスは、大変強くて軽量でとても持ちが良く、雨などで濡れても壊れずに使用できるというメリットがあり、現在用いられているギプスの定番製品です。 生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったため、結果として膵臓からほぼインスリンが分泌されなくなってしまって発病するという糖尿病なのです。 「肝機能の衰退」は、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3種類の値でモニターできますが、ここ最近では肝臓の機能が低下している方々が明らかに増加しているそうです。 内臓脂肪過多による肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、高血圧(こうけつあつ)、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上に当てはまるような様子を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼んでいます。 一見すると「ストレス」は、「消すべき」「取り去らなければいけない」と思われがちですが、実のところ、私たちヒトはこうしたストレスを感知するからこそ、生き延びていくことが可能になるのです。 筋緊張性頭痛というのはPC使用などによる肩こり、首こり、張りが誘因の最も一般的な頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛み」「ドーンと重苦しいような酷い痛み」と言い表される症状が特徴です。 "