読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーと食生活の話

食事の仕方とアレルギーの問題と体の健康についてのお話です。

もしも婦人科の検査で残念ながらエストロゲンなどの分泌量が基準値を下回っていたら

もしも婦人科の検査で残念ながらエストロゲンなどの分泌量が基準値を下回っていて早発閉経(POF)だと分かったら、不十分な女性ホルモンを補てんする処置等で緩和することができます。 乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに替わる新しい手段として、2012年9月1日から正式に定期接種になるため、集団接種ではなく小児科などの医療機関でに変わります。 3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を鈍化させたり突然変異をもたらす害のある物質を身体の内部で解毒し、肝臓の能力を強める役目が確認されているのです。 脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの鎮圧、器官の覚醒などを司っており、気分障害鬱病)の人はその活動が鈍くなってることが明らかになっている。 肝臓を健やかに保つには、肝臓の毒素を分解する作用が低くならないようにすること、とどのつまり、肝臓を老化させない対策に地道に取り組むことが有効でしょう。 環状紅斑とは何かというと環状、すなわち輪っかのようなまるい形をした紅い発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な病名であって、理由は本当に多種多様だといえます。 流感とも呼ばれるインフルエンザに適応する予防するための方法や医師による処置といった類の基礎的な措置というものは、それが季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザであってもほぼ変わりません。 細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番多い中耳炎で比較的幼い子供に多く起こる病気です。強い耳痛や38度以上の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(耳だれ)などたくさんの症状が出るのです。 体脂肪量(somatic fat volume)には変化が見られず、体重だけが食事や排尿等によって一時的に増減する際は、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が高まることがわかっています。 ダイエットしたいがために摂取カロリーの総量を控える、あまり食べない、そのような暮らしが栄養までもを不足させ、慢性の冷え性をもたらすことは、色んなところで危惧されているのです。 スマホ使用時の強い光を抑える眼鏡が最も人気を集めている要因は、疲れ目の対策法に大勢の方が興味を抱いているからだと推測されます。 チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ追跡調査のデータをみると、成人に比べると未成年のほうが漏れた放射能の悪い影響を受容しやすいことが判明しています。 急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・嘔吐・腹下しに見舞われる程度ですが細菌感染から来ている場合は激烈な腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに高い発熱が見分けるポイントです。 亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に働く様々な酵素や、細胞・組織の代謝機能に関係している酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する物質として絶対なくてはならないミネラルの一つなのです。 肥満(obesity)は言うまでもなく食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が因子になっていますが、量の変わらない食事であれ、短時間で終了する「早食い」を日常化することで脂肪過多に陥っている肥満を招きやすくなるようです。 "